困ったもんだ、コロナ2022年02月13日 11時15分30秒

一向に収束の兆しが見えないコロナウイルス。
足掛け3年にもわたって、我々を苦しめている。

今回の第6波は急激に感染者が増えて、急激に落ちると予想していたが、どうやらそうでもなさそうだ。前回の第5波では、ピークに達してからの落ち込みが想像以上に早く大きかったので誰もがなんだー、と思ったことだろう。専門家の意見では、ワクチン接種効果が大きいと。

では今回は、いわゆるブースターワクチン接種率が低いため、第5波のようにはならないだろう、と言われている。つまり、ピークに達してからの落ち込みが緩く穏やかのため、長引いていくだろうとのこと。おいおい!

私は先週9日(水)に第3回目のワクチン接種を終えた。
副作用は、ひどいと感じた。2回目以上かなと。
熱は36.8度(ちなみにその日の朝は35.1度)までの微熱。
接種後24時間経過後頃に熱っぽくなってダウンした。布団に入って安静状態。その後肩の痛み、体の痛みがあちこちでひどく、いわゆるやる気ゼロの状態。そして、翌々日朝まで寝入った。途中夕食を食べて起きたりはしたが。
翌々日の朝は、熱は下がったものの(35.9度)なぜか眠く、朝食後に転寝をした。相変わらずやる気は起きない。ぶらぶらしているうちに体の痛みが回復してきて午後には完治、という感じだった。

申し訳ないのはその間、食事やらこまめに動いてくれた女房だ。彼女は病気治療中のため、動いてはいけない体なのに、本当に体たらくな弱い旦那で申し訳なく思う。ごめんね。

そんなかんなでひどい目にあっている私としては、日常の普通の生活に早く戻りたい。

早く、来い、来い普通の日!

謹賀新年2022年01月03日 18時00分11秒

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は寅年です。私は年男。家内も年女。
きっと良いことがありましょう。
家内の病気が治りますように。

それと先ほどマイクロソフトと名乗ってウイルスに感染!緊急警告が出て
PCのカーセルが消え操作不能となりました。
画面上には、下記のマイクロソフトへ電話せよ。とあるのみ。
これは電話せざるを得ないな、と思いつつも何か不安を感じ携帯からサービスセンターへ問い合わせをしたところ、詐欺の手口と分かった。

恐ろしい。まったく巧妙な手口を言うか、このままPCは動かなくなったので電話するより仕方がないと思った。

答えは、PCの再起動で済んだようだが、今後何か出てきそうで怖い。
何かが起きているのかウェア太氏のPCには。

最近ではメールにも、詐欺メールが頻繁に来るようになったし。
どうすればよいのだ。メルアドを変更するか?
一応セキュリテイには入っているのだが。
本来なら事前に削除してくれるはずだが。

桑原桑原。

大晦日2021年12月31日 15時40分42秒

2021年も今日限り。
2020年の今日を考えると、今日このブログをかけることに感謝したい。
昨年の今頃は絶望の中に光を求めていた時期だった。
今年はその光が大きくなって、生命の灯を期待できるようになってきた。
医学の進歩というべきか、本人の生命力の強さというべきか、たぶん両方であると思う。

いずれにせよ、ことしから来年へのバトンタッチがスムーズにできることに感謝したい。
私自身ももっと切磋琢磨して、料理の道を究めていきたい(そっちかよ、と突っ込みが入りそうなので)、いやいや税務の道と経営の道。特に経営の道は関与先とともに突き進んでいきたい。

来年もおそらくコロナ禍からは逃れないと思うが、自身も家族も感染対策は最大限の注意を払い、その下での行動に努めたいと思う。

皆様にも今年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2021年12月31日


師走2021年11月29日 10時55分07秒

今年も年末が近づいてきた。
思えば、昨年の今頃から私の思考能力はストップしていて、前には進んでいないような気がする。

振り返れば昨年12月3日の女房の突然の病、病名宣告から始まった。
あれからほぼ1年。
女房の容態は安定している。
これも本人の体力気力のすごさを感じていると同時に、周りの関係者の懸命な処置、対応にも感謝したい。
女房は退院して、現在は通院ベースとなっている。
家の中では大部分は寝ている(横になってはいる)が、炊事の時は、二人で相談しながらメニューを決めている。
朝に関しては、女房が作っているといってよいかと。

それほどまでに回復できた、できている女房が傍にいることがうれしい。
一人になった時を想定していたあの時の寂しさ、後悔、それらを今感じずにいられることが幸せだ。

あと何年二人で一緒にいられるかはわからないが、少なくともこの時間は大切にしていこうと思う。



無事帰還2021年10月07日 18時06分22秒

先月半ばから入院していた家内がやっと戻ってきた。
当初軽い咳、微熱、下痢などがあり、酸素飽和度がかなり低めに出た段階で病院を診察。
即入院となった。
2週間程度の入院が必要と言われたが、結果として1か月程度になった。

原因は抗がん剤と思われる。肺に水がたまり、食欲不振、熱が出て、下痢症状と、治りが遅くなった。

今は抗がん剤を変えてことによりそれらの症状は治まったが、今後も抗がん剤の副作用の心配は残る。
今度は、血栓が起こりやすくなるという。
身近にいる身としては心配だ。

血栓は血液の流れを止めるものであり、それが脳、心臓、下肢など体のどこにでも起こりうるもので、一度起きたらそれこそ時間との勝負だ。
そうならないためにも、別な薬が処方されているが、なんとももどかしい。

やはり、本来の白血病という病の重大さを思い知らされる。寛解となっても、どこかにがん細胞が潜んでいるとのことで、抗がん剤は欠かせないらしい。

早く落ち着いて日常が送れるようにしてほしい、というのが私の思いだ。