運転免許更新2022年03月11日 11時57分16秒

今年の5月が運転免許更新になる。
私はすでに70を超えているので事前に高齢者講習が必要となるので、あらかじめ講習会場の予約をしておいて本日講習に出席した。

内容は、
1)身体測定:といっても目の可動域のチェックのみ
2)次に運転の実施:若いころ教習所で、助手席に教官が乗って右に左に指示を受けながら運転して評価を受けるやつだ。
3)そして結果発表となる。

以上合わせて約2時間の講習だ。
甘く見ていたが、わずか6名の講習生(いずれも70歳以上)が順番にプログラムを受けるので、意外とドキドキ感があった。なぜドキドキするかというと、ここで免許はく奪となったら困るという恐怖感だろう。免許はあくまで問題なければ継続使用できるものなので、発給元の許可が必要となるものだから。

結果は、①一時停止の怠り。これは受講者6名のうち3名に見られたとのこと。②次に右左折時にウインカーの3秒前ルールができていないで、ウインカーと同時にハンドル操作を行ったというもの。教官の指示も直前なのでこれは気にしていない。③そして3番目は左折するときに大きくふくれるという指摘。これもあそこを曲がってと急に言われたら影響は出てくるはず、と私自身はそんなに気にしていない。

とはいうものの、第3者、しかも運転教習場の教官からの指摘に、なるほどな、と思わせられたことに、少しのショックを受けたことは事実。
私の自分の運転者としての評価は、幾分おっちょこちょいのところはあるが、ふつうはそんなに飛ばしたりはしないで極めて普通の運転者だと思ってはいる。それが、一時ストップしていない、と言われてみると確かに、と反省する。一時線を超えて、もう少し先のところにストップして左右確認をしていた今までのことはいけない、とのこと。

以上から、また初心に帰って事故の起きないように注意して運転をしようと思ったことは確か。
そして、運転免許の返納のこともそう遠くはないな、と感じたこともまた事実だ。

時のすぎるのは早い。次の3年後の状況はどうなっているか、先が読めないが、それまでこの程度の悩みであればよいと思うのが精いっぱいの気持ちだ。

コロナ禍の床屋2022年03月24日 15時14分40秒

今日は意を決して床屋に行った。
前回が11月26日だから実に4か月ぶりの床屋だ。
それほどまでに時間をかけたのは、言うまでもなくコロナのまん延による。
このところ患者数が春日井市でも20-30人台に落ち着いてきている。
実は第4波、3波と比べても、この患者数字ははるかに高い数字だが、背に腹は代えられない。
これ以上待てないのだ。幸いにもまだ髪の毛が残っている以上、成長もしている。これを4か月伸ばし放題となると見苦しくなるのだ。現実見苦しくなってきている。

もう待てない、というギリギリのところで床屋に向かったのだ。
それでも、感染リスクを少しでも減らそうとの考えで、顔そりは抜きの、カット、洗髪のみのコースで2200円也。

長居は無用、対面での対応は危険ということで顔そりを外した。ステイすること20分程度。果たして守備はうまくいったのかどうか、誰も知らない。結果は後日判明するだろう。

新聞紙上では、第7波に備えて4回目のワクチン接種の話が出ていた。
この前3回目を受けたばかりではないか? 時も経ずうちにもう4回目かよ、という暗然たる気持ちだ。

一向に収まらないどころか、毎回のごとくその変異種が出没しやむ気配が見えない。

このままでは本当に地球人が生存できなくなってしまう。食っていくためには経済活動が必要だが、その経済活動がうまく行えないとなれば、収入が途絶えてサイクルができなくなってしまう。

コロナによる。地球滅亡かもしれない。そうならないように一人一人の自覚が必要だ。日本だけでなく世界的規模で。

プーチンさん、自分の名誉、欲望のために戦争をするのでなく、自分の名誉、理想のためにコロナと戦争を始めてくれればありがたいのに。