無事帰還2021年10月07日 18時06分22秒

先月半ばから入院していた家内がやっと戻ってきた。
当初軽い咳、微熱、下痢などがあり、酸素飽和度がかなり低めに出た段階で病院を診察。
即入院となった。
2週間程度の入院が必要と言われたが、結果として1か月程度になった。

原因は抗がん剤と思われる。肺に水がたまり、食欲不振、熱が出て、下痢症状と、治りが遅くなった。

今は抗がん剤を変えてことによりそれらの症状は治まったが、今後も抗がん剤の副作用の心配は残る。
今度は、血栓が起こりやすくなるという。
身近にいる身としては心配だ。

血栓は血液の流れを止めるものであり、それが脳、心臓、下肢など体のどこにでも起こりうるもので、一度起きたらそれこそ時間との勝負だ。
そうならないためにも、別な薬が処方されているが、なんとももどかしい。

やはり、本来の白血病という病の重大さを思い知らされる。寛解となっても、どこかにがん細胞が潜んでいるとのことで、抗がん剤は欠かせないらしい。

早く落ち着いて日常が送れるようにしてほしい、というのが私の思いだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenny.asablo.jp/blog/2021/10/07/9430286/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。