6月7日2021年06月07日 10時21分30秒

先週5月31日は、血液検査結果の聞き取りで主治医と会った。

結果は、血液的レベルでは寛解と告げられた。つまり、顕微鏡的検査ではがん細胞が見当たらないということだ。

昨年12月3日に急性白血病と診断されて以来半年。
その間いろいろなことが発生した。
もちろん病気に関することだが、私自身本当に参った。
もちろん女房はそれ以上だったと思う。

まずは死を身近に感じたことだ。
女房のいないこの世界を、どうするのか真剣に悩み苦しんだ。
本来なら私が先で、女房がそのあとを過ごすというのが世の常と思っていたが、順番が逆になるともう頭の中は「しっちゃかめっちゃか」である。

あれから半年の間、女房の抗がん剤の治療で長期の入院が3度あった。本当に長い期間だ。今までの人生では考えられない最後の、本当に最後のシーンが目に浮かんだ。

今こうしてこの日記をかけるのも、少なくとも心の安寧があるからで、最悪の事態が現実となってしまったら、おそらくはブログ閉鎖であろう。自然消滅だ。
でも、それを覆したこととして、今日結果を報告できていることはなんと素晴らしいことか。本当に感謝をしたい。
女房のその強さに。医学的に尽力してくれた先生方。それを見守ってくれた親族、友人、すべての方々に。

生きていることって素晴らしい。いつかは死を迎えるに 残りの人生を楽しく過ごしたいと思う。

本当にありがとう。 もし可能なら、皆様にお会いしてお礼を言いたい。感謝のお礼を。いつか、きっと。