花冷え2019年03月24日 18時15分50秒

3月も下旬に入って、あちこちで桜の開花予想が出てきている。
確かに2-3日前は暑いくらいの気温で桜の開花も早いだろう、と誰もが思ったものだ。

ところがである。そうは問屋が卸さない。
このところ寒くて寒の戻りとか言われている。
世の中人が思うとおりにならないのが常である。
特に自然はそうだ。
すべて人間の思うとおりになったら、と考えると面白くもあり、つまらなくもある、と私は答える。

やはり自然には、人間がコントロールできないんだ、巨大なエネルギーを持っているんだ、ということを常に思い知らしめてほしいと思う。そうでないと人間という生き物は、すぐに有頂天になって何を考えだすかわからなくなるから。

桜もやはり、自然の生み出す力に従って咲くときに咲き、散るときに散ってほしい。それが昨年と違っても、今までと異なっても自然の流れの中で咲いてほしいと思う。
そしてそれに人間が合わせて四季の楽しさを実感できれば良い、と個人的には思う。

春4月はすぐそこだ。桜の開花で、また新しい子供たち学生が新しい人生のスタートを切ることになる。
桜とともに、私のような老人もまた、ワクワクする季節がやってくる。
サクラサク。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenny.asablo.jp/blog/2019/03/24/9050996/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。