桜便り2016年03月18日 10時47分17秒

このところ各地のテレビ情報では、桜の開花予想が話題にされている。
開花とは、東京の靖国神社にある基幹桜の枝に、何輪の桜が花開いたかで決めるらしいが、当然各地にこのような
キーとなる桜があってそれを見て決められるのだそうだ。

さて東海地方はいかがだろうか?
我が家では、桜はすでに開花どころか満開だが、残念ながらソメイヨシノではなく、サクランボの桜だ。
近くに桜の木がたくさんある神社がある。時期になるとこの桜も見ごろとなり目を楽しませてくれるが、我が家から見る限りまだ開花気配もない。

昨日、今日と暖かい日が続く予想なので開花は間違いなく進みそうだ。

桜は日本人にとって本当に独特の花だ。
咲いてから1週間程度で満開となり、その後の花の散りゆく姿の美しさというか、哀れさ、というか、毎年のことながら心に響く。この過程が、日本人の心にグッとくるのだろう。

街では、この季節に入学式が行われるが、最近では、入学式よりも卒業式の方が、桜と重なっているように感じられる。これも地球温暖化の影響だろう。
また、歩いて数分にある小学校も児童数の減少で、この3月をもって廃校となる。そして、歩いて10分くらいのところの別の小学校に吸収合併されるのだ。
時代の流れとはいえ、我々の高度成長を知る身としては、一抹の寂しさを感じる。
やはり、右肩上がりの時代がいい。

でも、右肩下がりのトキが来ているのだ。我々はこれをしっかりと認識して、予想を立てて対応しなければならないと思う。
成長しなくても共存できる時代に。
なにも賃金を上げるばかりが策ではない。コストを下げることを同時に行い、ムリ、ㇺラ、ムダをなくした小さな社会でよいのではないか、とこの頃思う。

持続可能な社会とは、何を中心に考え、何ぞ実行するか、だと思うのだが、その何かが意見を異にするのだあろう。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenny.asablo.jp/blog/2016/03/18/8052596/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。