弥生の2日2016年03月02日 11時37分54秒

今日は日差しのある暖かな日だ。
でも、気温は昨日からの低気圧の影響を受けて冷たく感じる。

今日から週末にかけて気温が上昇するらしい。
いよいよ春到来か、と思わせるが、三寒四温のごとく、寒くなったり、暖かくなったりして、緩やかに移り変わってゆけばよいと思うのだが、なかなかそうはさせてくれないのが、今の自然だ。
時には真冬でも半袖が必要なくらいに熱くなったり、逆に夏でも長袖が必要になったり、目まぐるしく変わる。そしてその度合いが極端すぎるのが怖い。台風もスーパー台風と呼ばれたり、竜巻やら、津波やら、さらには大地震など本当に自然の災害は恐ろしい。
人間は、これに対抗できるのだろうか?
いや、対抗するなどもってのほかで、うまく付き合っていけるようにすることがベストだろうと思う。

病気でもそうだが、命に限りがある限り終末を迎えるのは致し方ないとして、その間いかに自分らしくできるか、安寧な生活が送れるか、が重要なのだろうと思う。

自然との付き合いも、如何に爪痕を残さずに、影響を少なくするべく対応が取れるかだろうと思う。
そのためには予測等の技術が確立されなければならない。
おそらくすでに取り掛かって入ると思うが、気象衛星からの情報解析、なぜに台風などが起きるのかの解明など、世界の研究者たちは必死に取り組んでいると思う。この世界は、結果が出ないと日の目を浴びないという、大変な世界だから単なる功名心だけでなく、本当に突き止めてやろうという、純な気持ちで取り組んでいるに違いない。

こういう人たちがきっと身近にいることを願って、私たち庶民は日頃意識してできることを行動すべきだろうと思う。
願いは大きく、やることは身近なことから。