ボケ認識2012年10月07日 10時17分50秒

最近ボケ症状が多発している。
中でも大きいのが、物忘れだ。
直近では、車のキーを紛失して、見つからない。
先週の日曜日は、確かに車を使った。
その後車を昨日まで使わないサンデイドライバーなので、どこにおいたか思い出せない。
通常は、かばんに入れて持ち歩いている。ところが、そのかばんに入っていないのだ。それで慌てた。気が付いたのは昨日。
家中探したが、無い。残るは会社とも思われるが、可能性はゼロに近いほど無い。さて、さて、と悩んでいる。
最悪のケースは、通勤の途中での紛失が可能性有る。
先週は、東京にも行っている。もしかばんの口が空いていて、網棚から取り出すときに落ちることもあり得る。音はするので気が付くはずだが。

兎に角所在がわからないのである。
以前にも、机の鍵をなくしたこともあった。これはパースに入るほど小さいので(入れていた)、あるとき小銭ごとぶちまけた時があり、その時に飛び散ったものと思われる。その後出てこなかった。
注意力散漫。集中力減少。気力不足。体力ほとんどなし。

いよいよ、いよいよ、かと、思い始めている。

さなぎはまだ。2012年10月08日 09時33分14秒

さなぎはまださなぎのままだった。

色も、形も、まだ生きている。
鳥にも、人間にも、負けずに、しっかりと、目立っている。

白い壁の上に、なぜかくっついている。
この位置、背景の色だと、カラス辺りが突っついてくると思われるのだが。なぜか、無事だ。

暫くといっても、いつまでこの状態でいられるのか最近では興味津々だ。
無事に孵化してくれよ。きっと、成虫になってこの世に飛び出していって欲しい。
この世の一つだけしかない命なのだから。
時間的には、まだ先だろう。
なぜなら、色がまだ緑だし、これから色が変わって黒茶っぽくなっていくだろう。そのあたりが孵化の時期だろう。

果たして、どうか。

那須塩原2012年10月14日 22時10分52秒

昨日今日と栃木県那須塩原に行ってきた。
目的は、実家の宇都宮に帰って、息子の転勤挨拶と、母親の慰安だ。
宇都宮のホテルがイベントの関係ですべて一杯で、急遽宿泊を那須塩原としたことからj、母親の慰安目的が追加された。
那須塩原の温泉に泊まるなら、母親も連れて行ったらどうかとなったのである。
両日とも天気は快晴。帰りは東京付近で若干雨に降られたが、おおむね良好。
まあ、何より、皆が良かった良かったといってくれたことだ。
おかげで、母親も心なしか元気になった様で嬉しい。
日曜日は我々は、8時に帰宅したが、宇都宮を出たのは1時半頃。
インターに入ったのが、2時過ぎで、すべては順調だったが、首都高速で多少躓いた。東京は、たとえナビがあっても、目的地へ向かって行くのは難しい事を思い知らされた。車は多いし、ナビの指示は遅いし、あれでは目的地どおりにはいけない。
指示通りに動いていけば、確実に事故を起こす。
車が多くて、右車線、左車線への変更が出来ない状態で、やむなく、一般道路へ放り出されたのだ。
結果として何とか東京八重洲口に出たが、東京での車の運転はむずかしい、とつくづく思った。結果として、新幹線には間に合って、何とか家に着いた。
6時間半掛かったが、終わりよければすべてヨシ。
息子のおかげで、今回は、難なく出来たが一人では無理だったろう。
感謝感激だ。

那須の日本一長いつり橋2012年10月16日 18時38分18秒

写真をごらんあれ。
日本一のつり橋だそうだ。
もともと高いところは苦手だが、これは渡れそうと、瞬間的に感じた。
それで、300円払って、わたってみたが、怖さは無かった。
左右に揺れを感じたが、むしろ快適な感じがした。

この感覚の違いはなんだろう。
たとえば観覧車などは、尻がむずむずして落ち着かない。
思うに、空中に有るか、まだ足が着いているか、そんな違いかもしれない。つり橋といえども空中に有るのは違いが無いのだが、このつり橋は、ロープ製ではなく、金属製のワイアーが使ってあったからかもしれない。
そんなわけで、無事わたってこられた。
天気は快晴で、気持ちが良かった。
我が家のうち、お袋は渡るのをギブアップして、女房と息子の3人で渡ってきた。
非日常も楽しい。

宇都宮餃子2012年10月18日 17時28分09秒

先週の土日に実家に帰った時、餃子を食べた。
餃子といえば宇都宮。何がうまいのか、なぜそんなに食べるのか、良くわからないでいた。少なくとも高校時代まですごした宇都宮が、餃子日本一なんて、信じられない。その当時は、そんなに餃子がどうのこうのとは言われなかった。
宇都宮で有名な店の一つ、○○○の支店へ。
行くと駐車場は一杯。店に聞くと6人は座れるとの事で、店の中へ。
中はカウンターのみ。20人から30人くらいの店。
メニューは、焼き餃子、水餃子、それにお土産パックのみ。
これは店としては最高のメニューだ。ご飯も無し、飲み物もなし。
すべて餃子でまかなっている。
一皿、210円。大人なら3皿は行けるとの事で、焼き2皿、水餃子1皿の計3皿を人数分だけ注文した。
暫くして、焼き上がりの餃子がきた。

焼き立てなので、熱くて、ふうふうしながら食べた。うまい。
一皿6個の餃子はあっという間に空に。そして2皿目に掛かろうとした時に水餃子がきた。たれとしょうゆを、器に入れて、汁とともに餃子を食べる。うん、これもうまい。

そんなわけで、3皿全部平らげたが、ちょっと食いすぎの感じ。
でもうまかった。

さすがに宇都宮餃子。満足して帰った。
恐らく帰りの新幹線では、ニンニク臭かったろうな、と思いつつ、女房と満足して帰ってきた。

皆さん宇都宮へ行く時は、是非餃子を。お勧めです。