新鳥栖2011年10月22日 08時20分04秒

18日は、朝5時半に起き、6時半に家を出て、在来線、新幹線で博多へ、そして、また在来線で有田へ、13時前に着きました。
天気は、晴れで、やや風が強い。
まずは昼食をとって、その後のスケジュールをこなし、懇親会場へ。
有田の由緒ある料理屋で、2時間程度食事を楽しみ、タクシーで、宿の在る武雄温泉駅前へ。
いつもここにとまると、武雄温泉に、行かねばと。過去2回、今回で3回目となるが、いまだ実現せず。今回は、明日熊本へ移動しなければならず、また時間が無い。そんなわけで、次回以降にお預け。
そして、19日、今日もまた一大イベントがある。
幹事として、遅れてはならないため、一足早く(同行者が居た)熊本へ。

写真は、新鳥栖駅の新幹線構内に在る 有田焼の新幹線ミニチュアモデル N700系 さくらだ。

縮尺87分の1.小さいが良く見ると確かに磁器製だ。
精巧に作られている。佐賀県は、言うまでも無く有田焼の産地。そのお膝元の、窯業技術センターが、製造したものだ。

少なくとも、窯業技術センターにひとつ、そして、ここ新鳥栖駅にひとつと、合計2つの存在が確認された。

もっと、多くの人に見てもらうように、仕掛けを考えたほうが。。。。