会津若松2011年10月15日 09時20分35秒

1泊2日で出張した会津若松を、昨日戻った。
昨日の朝、9Fの部屋から外を見たらもやが掛かっていた。
8時前にホテルを出て見るとひんやり。
駅舎に向かって、中で土産を買う。そして、早めの時間ではあったが、ホームで待つことにした。
若松駅発は17分。ホームへ出たのは、55分。そして、電車の入線時刻は05分の予定であった。しばしのホーム待ち。のはずであった。
この間、ホームで待っていたので、非常に寒く感じた。北国といってよいのか分からないが、やはり東北の朝は、寒い。もう1枚の上着が必要だ。

すると、アナウンスが、郡山で電車の待ち合わせの関係で、ただいま6分遅れているとの事。
それでも、11分には着くし、出発は17分だから、十分だな、と思った。
ところがさらにそれから、再度のアナウンス。さらに、4分遅れて、到着は15分ごろ。これは、やばいかなと、若干心配になる。
心配になったのは、郡山駅での新幹線の乗り換えである。確か、10分程度で新幹線を押さえたので、乗り遅れたらどうしようと、。

そして、会津若松発の磐越西線は、さらに、途中駅で(単線のためすれ違う駅)またもや、6分遅れときた。残りは4分か。かなり厳しいかな、と思ってややあきらめ気分に。
そのまま、郡山駅に到着。すると、私の計算が間違っていたのか、乗り換え時間は、10分でなく18分であった。したがって、6分の遅れでも、何とか間に合った。

ここで思ったのは、単線の場合は、時間に余裕を見ていかないと危ない、ということだ。ほとんど複線化している日本の電車は、遅れなど事故が無い限りないと思っていたが、実はそうでもない。単線区間はまだまだあるし、それを利用する場合は、、余裕を見ておかないといけない。

会津若松へは、今回で3回目、であった。なんと一回目は、途中で軽トラックとの接触事故発生。1時間強待たされて、到着。会津若松からの乗り継ぎには、当然遅れ、結果として、JRの出したタクシーで現場へ。
2回目は、何事も無く順調。そして今回の、事故なしの遅れ発生。
結果オーライなので良しとすべきだろう。

でも疲れるなあ。この年の長時間の電車を初めとした出張は。
来週は、有田、熊本だ。
考えただけでも、ゾーっとする。