5月1日2008年05月01日 11時56分08秒

今日はMay 1st 。昔は May Day。つまりメーデーであり、今でもそうなのだが、労働組合の活動自体が活発でないため、下火となっている。
もともとは、一日の労働時間が12時間と長かった時代に、8時間労働への要求運動であったらしいが、我々の世代では、賃金のUP要求が最大目標であった。

近頃は、生活がかなり改善し豊かになったせいか、労働組合の活動も活発であるといえない。確かに日本は豊かであるが、個々の人でみると格差は広がっているのではないだろうか。政府は、ある程度この状態を望んでいるが、それはあくまで企業レベルの話であって、個々の国民の生活を意図したものではなかったのではないか。
いずれにせよ、お年寄りのみならず将来の不安は消えないどころか、益々大きくなっている。
一体いつまで働けばよいのか。いつになったら楽になるのか。
誰もわからない。福田さんしっかり頼むよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kenny.asablo.jp/blog/2008/05/01/3427444/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。